PR

 日立製作所 基礎研究所と旭化成,光産業技術振興協会は,有機半導体層,ゲート絶縁層,ソース/ドレイン電極をそれぞれ塗布法で作製した有機TFT素子において,キャリヤ移動度0.1cm2/Vsを確認した。第53回応用物理学関係連合講演会で発表した。この値は,ゲート電極以外を塗布法で作製した例としては,最も高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料