PR

 米Intel Corp.のPresident兼CEOであるPaul Otellini氏は,2006年3月30日,開発途上国のユーザーに向けた低価格パソコンの提供プログラム「Discover The PC」を発表した( ニュースリリース)。フル機能を備えるパソコンを,低コストで供給することを目指す。

 開発されるパソコンは,簡易なユーザー・インタフェースを備え,パソコンを初めて利用するユーザーにも使いやすくする工夫を盛り込むほか,低コストでかつエネルギー効率の高い製品になるとしている。まずはメキシコの通信事業者であるTelmex社と協力して開発したデスクトップ・パソコンを,Telmex社を通じて2006年後半に政府機関向けに供給するという。Intel社はこのほか,メキシコの教育プログラムを支援する目的で5000台のパソコンを無料で提供することも明らかにしている。なお低価格パソコンの開発/提供プログラムでは,米MIT(Massachusetts Institute of Technology)のMedia Labが開発中の「$100 Laptop」が知られている( Tech-On!の関連記事)。

 Intel社は先週,インドの農村向けパソコンのプラットフォームを発表したほか( Tech-On!の関連記事),ブラジルで総額5000万米ドル規模のベンチャー・ファンドを立ち上げる( ニュースリリース)など,開発途上国やBRICsに向けた施策を矢継ぎ早に発表している。