PR

 電子機器は機能の複雑化と寿命の短縮が同時に進行している。この結果,電子機器の機能を決めるSoC(system on a chip)の開発でも大規模・高性能化と開発期間短縮を必須になっており,この対策としてプラットフォーム設計・開発環境が不可欠になりつつある。このプラットフォーム設計を実現する手法として,用途に応じてユーザーが命令や機能をカスタマイズできる32ビットRISCプロセサ「MeP(Media embedded Processor)」,およびFPGAソリューション,インターコネクトIP(intellectual property),リコンフィギュラブル・プロセサIP,組み込みLinuxなどの設計・開発環境が整ってきた。

 例えば大日本印刷は,画像拡大スケーリング処理のためのバイキュービック・スプライン補間演算を実現する独自方式のハードウェア・エンジンとMePコアをFPGA上に実装したデモ・システムを開発した。ソニックスは,高速なインターコネクトIP「SonicsMX」,DRAMへの効率的なアクセスを実現するDRAMスケジューリングIP「MemMax」とMePを組み合わせたフレキシブル・マルチメディア・プラットフォーム,およびその開発ツール「SonicsStudio」をそろえている。エリクセントは,MePの機能拡張部にリコンフィギュラブル・プロセサIP「D-Fabrix」を集積したMeP SoC「ET1」と,それを活用したデモ・システムを開発済みである。アックスは,MeP向けOS「axLinux for MeP」を開発した。
(この記事の詳細はこちら)