PR

 フィンランドNokia Crop.は,NTTドコモ向けFOMA端末「NM850iG」の発売に合わせ,記者説明会を開催した。

NM850iGは,W-CDMAのほかにGSM(900MHz,1800MHz,1900MHz)に対応しており,NTTドコモの国際ローミング・サービス「WORLD WING」提供地域で利用できる。2006年1月にノキア・ジャパン代表取締役社長に就任したばかりのTyler McGee氏は調査結果を引用しながら「海外旅行者の83.4%が携帯電話機を必要とすると考えているのに対して,実際には24.9%しか携行していない」とし,まずは1年間に1600万人が渡航するといわれる日本人の海外旅行者への利用を促したいとした。

 このほかNM850iGには,パソコンとのデータ同期機能を備える。同期用ネットワークはBluetoothとUSBが利用でき,携帯電話機とパソコンのスケジュールやアドレス帳のデータを最新のものに統一できる。さらに,音楽再生機能や日本語入力時の漢字変換予測機能も備えており,「国内利用者にも広く使ってもらえる」(McGee氏)とした。

 今後の日本市場への端末提供については「さらに積極的に」としたが,具体的な数量や機種数については言及しなかった。