PR

 マツダはITを用いた業務改革プロジェクトMDI(Mazda Digital Innovation)-IIの取り組みの一環として,CAEによる解析計算時の作業を自動実行するシステムを開発した。データ収集作業から,前処理,解析計算実行,後処理を一環して実行するもの。解析計算に要する時間を短縮することで,問題の洗い出しから対策盛り込みまでの時間も短縮でき,設計品質の向上を図れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料