PR

 東芝と米SanDisk Corp.は,NAND型フラッシュ・メモリの生産能力の拡大を目的に,東芝四日市工場(三重県四日市市)に300mmウエハー対応の製造棟を新たに建設する。新棟は2006年8月に着工を予定しており,2007年第4四半期(10月~12月)の量産開始を目指す。

 両社は300mmウエハー対応第3製造棟(Fab3)を2005年夏から稼動させている。その後も需要の拡大に対応するため,当初の投資計画を前倒しするなどして能力増強を進めてきたが,今後のさらなる需要増に対応するために第4製造棟を建設することが不可欠と判断したという(Tech-On!関連記事)

 建物の建設は東芝が担当し,製造設備は両社共同で導入する。建設規模はFab3と同等となる予定で,「最大で月産10万枚を超える生産能力を備えられる大きさ」(東芝広報)という。投資額や生産規模などは今後,検討を進めるとしている。