PR

 KDDIと東京電力は,東京電力のFTTH(fiber to the home)事業をKDDIに統合する方向で検討することで合意書を締結したと発表した。2006年9月までに統合の可否を判断し,2007年1月1月をメドに統合を進める。統合に先立って,「KDDI光プラス」と「TEPCOひかり」のサービス名は,2006年6月をメドに1つにまとめる。ただし「新しいサービス名や統合後の運営形態はまだ決まっていない」(KDDI)という。

 KDDIと東京電力は,2005年10月に「通信事業における包括的な提携」(両社)を発表。法人向け固定通信事業者のパワードコムを2006年1月にKDDIが吸収合併することや,KDDIと東京電力のコンテンツ配信用光ファイバ網を統合することを決めていた。2005年11月からは,統合サービスの先駆けとして「KDDI&TEPCO 光キャンペーンプラン」を始めていた。