PR

宇部興産は,電圧が高く,急速な充放電が可能とする蓄電素子を開発した。主に電気自動車やハイブリッド車の電源に向ける。Liイオン2次電池と電気2重層キャパシタの両方の要素を兼ね備えており,Liイオン2次電池のように高電圧で高いエネルギー密度を持ちながら,電気2重層キャパシタと同程度に急速な充放電ができるという。ただし電解液にLiは含まれていない。電圧は+3.2Vと,一般的な電気2重層キャパシタの+2.5V~+2.7Vに比べて高い。エネルギー密度は,「具体的な値は公表できないが,一般のキャパシタの数倍程度」(同社)とする。すでにこの蓄電素子を搭載した電気自動車を試作し,走行実験を行った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料