PR
図1 Boot Campインストール画面
図1 Boot Campインストール画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple Computer社は米Intel社製マイクロプロセサを搭載したパソコン,いわゆる「Intel Mac」向けにWindows XPの利用を可能にするソフトウエア「Boot Camp」を発表した(図1)。Windows XPのインストール・ディスクを持っているユーザーであれば,Intel MacへのWindows XPのインストールが可能となる。

 Boot CampをインストールするとHDD上にWindows XP用のパーティションを動的に生成する。Windows XPのインストールはこのパーティションを使って行われる。これにより,ユーザーはiMacを起動する際にMac OSとWindows XPを選択できるようになる。「Macへの乗り換えを考えているWinodwsユーザーに訴求できる」(Apple Computer社)とする。

 Boot CampはApple Computer社のWWWサイトからダウンロードできる。今回,提供するBoot Campはベータ版で,2006年8月に開催予定のWorldwide Developers Conferenceで発表される次期Mac OS X(開発コード:Leopard)の一機能となる予定。