PR

 新日本製鉄は2006年4月6日,深絞り加工向けに開発したチタン材料「Super-PureFlex」が,ソニー製ICレコーダーに採用されたと発表した(図1,2)。組成や結晶粒度を見直して加工性を改善。岩崎精機(本社埼玉県草加市)の深絞り技術により,厚さ1mmの同材料を使った筐体の開発に成功して,ソニーが「PCM-D1」の筐体に採用した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料