PR
PDA上に表示されたViivロゴ。これを押すと権利情報がパソコンに転送される。
PDA上に表示されたViivロゴ。これを押すと権利情報がパソコンに転送される。
[画像のクリックで拡大表示]
パソコン画面に表示された「購入済み」マーク。
パソコン画面に表示された「購入済み」マーク。
[画像のクリックで拡大表示]

 フェイスは4月6日,インテルが推進する「Viivテクノロジ」向けの権利認証・配信技術を発表した。インテルが主催する開発者会議「インテル・デベロッパー・フォーラム Japan 2006」(4月6日~4月7日)で明らかにした。

 フェイスが開発したのは,携帯端末向けに配信されるコンテンツを,家庭内のパソコンなど他の機器でも最適な状態で再生できるようにする技術。消費者が携帯端末上で購入したコンテンツの権利情報を,近距離通信を使って携帯端末からViiv対応機器に転送し,同じコンテンツをHDTV画質で再生できるようにする。
 インターネットで購入したコンテンツは,外出先では携帯端末に適した低い解像度で,家ではHDTV画質で楽しめるわけだ。

 会場では,以下のようなデモを実施していた。まず,ベルロックメディアがインターネットで配信するコンテンツを,ウィルコムのPHS/無線LAN内蔵PDA「W-ZERO3」(シャープ製)にダウンロード。そのPDAをViiv対応パソコンの近くにもっていき,PDA画面上のViivロゴをクリックする。すると,パソコン上にベルロック メディアのサービス画面が表示され,購入したコンテンツに「購入済み」サインが表示される。パソコン上ではそのコンテンツをHDTV画質で再生できる。

 フェイスによれば,デモで使っているPDAとパソコンは,この技術向けに開発した権利認証用モジュールを搭載している。PDAに保存されたコンテンツの権利情報は,無線LAN経由でパソコン上のモジュールに転送され,パソコンで同様のコンテンツを再生できるようになる。

 インテルはこの技術の導入に前向きで,2006年内の実用化を目指すとしている。