PR

 富士通研究所は,HDDの記録媒体の潤滑剤の厚さを従来の70%以下に低減する技術を開発した。HDDの信頼性を高めることができるという。面記録密度が1Tビット/(インチ)2となる,2010年以降の実用化を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料