PR

カシオ計算機は,実用化可能なメタノール改質型燃料電池向け小型改質器を開発した。メタノールから水素を取り出す時間が6秒と短く,改質型燃料電池の短所とされていた燃料電池の起動時間を大幅に短縮できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料