PR

 米Mentor Graphics Corp.は,ボード設計向けの自動配線を最大15台のコンピュータで並列処理することによって高速化するツール「XtremeAR」を発表した。1台のコンピュータで処理する場合に比べて処理時間を1/5~1/10に短縮できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料