PR

 山形大学大学院理工学研究科助教授の神戸士郎氏は,pHセンサや酸化還元電位(ORP)センサのデータを,USBインタフェース経由でパソコンに取り込むための変換器「YUSB-01シリーズ」を開発した。分析機器メーカーである山形ディーケーケー(本社山形県新庄市)との共同研究の成果。同社が販売も手掛ける。計測値をリアルタイムで画面に表示したり,グラフを作成したりできる。価格は,pHセンサ/ORPセンサのいずれも5万円(税込み)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料