PR

 松浦機械製作所は,新型の複合加工機となる「CUBLEX-25」を開発したと,2006年4月12日から「インテックス大阪」で開催された金型加工に関する技術展「INTERMOLD2006」で発表した。立型マシニングセンタ(MC)をベースに旋盤機能を持たせた複合加工機に,新たに研削機能を追加した。これにより,現行の複合加工機のMC部分による切削と旋盤部分による旋削に加えて,研削まで1台でこなすことができる。「2006年秋をめどに発売する計画」(同社)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料