PR

東芝松下ディスプレイテクノロジーは,最薄部の厚みが2.9mmと薄い12.1型のノート・パソコン向け液晶パネルを発売する。同社従来品の約半分の厚さである。重さも従来品32%減の183gと軽い。厚みが0.2mmのガラス基板と,LEDバックライトの採用によって,薄型・軽量化を実現したという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料