PR

 シナノケンシ(本社長野県上田市)は,高トルクで低騒音を実現したアウタロータ型のモータを開発した。低騒音・低振動・省スペース化を要求される用途,例えば搬送機器や事務機器などを中心に用途開拓を進め,量産化を目指す。寸法は56×56×58.5mm。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料