PR
松下電器産業のHDD内蔵STB「TZ-DCH2000」
松下電器産業のHDD内蔵STB「TZ-DCH2000」
[画像のクリックで拡大表示]

 イッツ・コミュニケーションズとYOUテレビ,横浜ケーブルビジョン,横浜テレビ局の4社は,HDDを内蔵したデジタルSTB(セットトップ・ボックス)「HitPot」の取り扱いを2006年5月以降に始めると発表した(Tech-On!関連記事)

 HitPotは,4社が名付けた呼称で「Hivision」と「iLink」,「Twinチューナ」にちなんでいる。当初は,松下電器産業が2006年3月に発表したHDD内蔵STB「TZ-DCH2000」を採用する予定。他メーカーのHDD内蔵STBの採用も,今後検討するという(Tech-On!関連記事)

 4社は,HitPotのレンタル・サービスと有料放送サービスとをパッケージ化した事業展開を企画している。イッツ・コミュニケーションズは現在,HDDを搭載しないSTBを買い取りの場合は5万1975円,レンタルの場合は月額1155円で提供している。HitPotの価格は検討中だが,既存のSTBよりも高くなる可能性があるという。