PR

 カシオ計算機が開発したメタノール改質型燃料電池向け小型改質器は,これまで課題となっていた断熱性と起動時間,CO濃度の問題を解決した。小型改質器は,改質器本体が3枚のガラス基板から成り,その本体を2枚のガラス基板で真空断熱してパッケージ化している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料