PR

 白銅は,樹脂の射出成形のコスト削減に貢献する金型鋼「SP300」を販売すると,2006年4月12~15日まで「インテックス大阪」で開催された金型加工に関する技術展「INTERMOLD2006」で発表した(図1)。フランスの特殊鋼メーカーであるIndusteel社が製造したものを,白銅が同社の代理店として日本市場で販売する。成分調整の工夫で,工具寿命が伸びたり,成形サイクルを短縮できたりする。価格は「従来の金型鋼よりも若干安くなる」(白銅)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料