PR

 NECは,LSIチップ内での光データ伝送向けにSiナノフォトニクスの基本技術を開発したと発表した。具体的には,以前に開発のSi製のナノ・フォト・ダイオードに超小型のアンプを組み合わせて,光電気変換機能の設置面積を10μm角程度に小型化した。この大きさならば,「LSIに搭載できる」と同社は言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料