PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
「MIPF2016シリーズ」
「MIPF2016シリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 FDKは,実装面積が2.0mm×1.6mmと小さい電源系積層インダクタ「MIPF2016シリーズ」を開発した。高さは最大で1.0mm。同社の従来品でほぼ同等の性能を持つ「MIPF2520シリーズ」に比べて,体積を約40%削減した。用途として,カメラ機能やGPS機能,ワンセグ受信機能を持つ第3世代携帯電話機などを想定する。2006年9月にサンプル出荷を開始する予定である。サンプル価格は1個50円。量産出荷の時期は未定という。

 インダクタンスが2.2μHの「MIPF2016D2R2」の場合,直流抵抗は0.11Ω,定格電流は1.1A。インダクタンスが4.7μHの「MIPF2016D4R7」の場合,直流抵抗は0.16Ω,定格電流は0.9Aである。内部のコイルの形状を改良することで,特性を保ちつつ小型化した。

 FDKは,今回の製品を「TECHNO-FRONTIER 2006」(2006年4月19日~21日,千葉・幕張メッセ)に出展する予定である。