PR

 米Texas Instruments社の2006年第1四半期(1月~3月)の売上高は,前年同期に比べ23.3%増の33億3400万米ドルだった(発表資料)。営業利益は同64.7%増の7億1800万米ドル。営業利益率は21.5%である。

 売上高のうち半導体事業によるものは,対前年同期比24%増の32億6200万米ドル。DSPとアナログ製品の需要の伸びが貢献したとする。売上高は対前年同期比で,DSPについては32%,アナログ製品については24%増えた。第3世代(3G)携帯電話機向け製品の売上高は前年の2倍になったという。