PR

 宇部興産は,独自に開発したポリアミドエラストマ「UBESTA XPA」が2006年春の選抜高校野球大会向けに発売されたミズノの野球用シューズ「MIZUNO ミズノプロ2KM-40100」(ハイカットモデル)「同-40200」(ローカットモデル)のソール主材として採用されたことを明らかにした。同エラストマは,野球選手の過酷な使用に耐える上,屈曲疲労性と耐摩耗性を高いレベルで兼ね備えたもの。

 野球選手は,投げる/打つ/捕るという運動の中で瞬間的に激しいダッシュやストップを繰り返しており,シューズのソール材には反発弾性,低温特性,軽量性,堅牢性,耐久性といった特性が高いレベルで要求される。そこで,新しいUBESTA XPAでは(1)透明性に優れ,補強材である高反発ポリエステル繊維が透けて見える(2)120万回の屈曲疲労試験で破損しない,高い屈曲疲労特性を持つ(3)従来素材である皮とは異なり,使用中に腰がなくならない(4)耐傷付き性,耐摩耗性に優れ,とりわけ耐摩耗性についてはTPU(熱可塑性ポリウレタン樹脂)に匹敵する(5)比重が1.01と,軽い(6)汎用性の高い射出溶着ができる(7)耐加水分解性・低温柔軟性などに優れる──といった特性を持たせた。

 UBESTA XPAは2004年に開発され,現在は山口県の宇部ケミカル工場で,主に靴底部材,電動工具カバー材,低温倉庫用キャスタ部材など向けに年間200t生産されている。宇部興産では今後,UBESTA XPAの用途開発を進め,2010年に売上高22億円を目指す。