PR

 2005年10月の「CEATEC JAPAN 2005」で物議をかもしたプラズマ対液晶の比較展示が,「Display 2006」(東京ビックサイト,4月19~21日)のPDP陣営2社のブースで行われた。いずれもPDPの優位性を示す目的だが,比較手法には新しさが感じられなかった。比較展示をしたのは,富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)とパイオニアのブースである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料