PR

 米Apple Compuer, Inc.は,2006年4月1日締めの四半期の売上高が対前年同期比35%増の43億6000万米ドルだったと発表した(発表資料)。純利益は4億1000万米ドルで,前年同期から41%増加した。

 この四半期における携帯型音楽プレーヤ「iPod」シリーズの出荷台数は,前年同期を61%上回る852万6000台に達した。「Macintosh」ブランドのパソコンの出荷台数は111万2000台で,こちらも前年同期を4%上回っている。

 CEOのSteve Jobs氏は,「2006年度上期(2005年9月25日~2006年4月1日)に売上高100億米ドル,純利益10億米ドルを達成できた。Intelプロセサ搭載パソコンも非常に好調。音楽事業も目覚しい成長を遂げている」とコメントした。

 同社は次の四半期に売上高が前年同期の35億2000万米ドルに対して42億~44億米ドル程度へ伸長すると予測する。GAAPベースの希薄化後1株当たり利益も,前年同期の0.37米ドルに対して0.39~0.43米ドル程度を見込んでいる。

■海外企業の最新の決算はこちらからご覧いただけます。