PR

 調査会社の米Frost&Sullivan社は、東南アジアでの自動車用センサ市場が2011年に向けて大幅に伸びるとの調査レポートを発表した。東南アジアの3国(タイ、マレーシア、インドネシア)での自動車用センサの市場規模は、2005年実績の7420万ドル(86億8140万円、1ドル=117円換算)から2011年には4倍以上の3億2030万ドル(374億7510万円)に拡大するとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料