PR

 2006年4月19日~21日に幕張メッセで開催されている「TECHNO-FRONTIER 2006」で,パナソニック エレクトロニック デバイスは,新構造のESD対策部品を展示した(図1)。展示したのは,外形寸法が1mm×0.5mm×0.38mmの品種と1.6mm×0.8mm×0.5mmの2つで,静電容量はそれぞれ0.05±0.05pFと0.1±0.1pF。いずれも静電容量が0.1pFと小さいのが特徴で,HDMIやSerial ATAなどの高速信号に向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料