PR

沖パワーテックは,2006年4月19日~4月21日まで幕張メッセで開かれている「TECHNO-FRONTIER 2006」において,燃料電池システム,風力発電や太陽光発電システムなどに向けた電源「ODPM-DA1001B」の試作品を展示した。DC-DCコンバータと,高耐圧のスイッチング素子(IGBT)およびその駆動ICを内蔵するIPM(intelligent power module)を搭載する。いずれも外付けDSPによって制御できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料