PR

 キヤノンは,5月23日付けで現副社長の内田恒二氏の次期社長就任を取締役会で決定したと5月11日に発表した。現会長兼社長の御手洗冨士夫氏は社長兼任を解き,会長となる。この会見の席上で次期社長の内田氏は,増収増益を目指す経営の課題について,第1が現業の6部門の事業基盤を固めること,第2が2010年に向けた新規事業を立ち上げることであるとした。「新しい事業は,ディスプレイ事業である。着実に製品化に向けて取り組む」(内田氏)として,新規事業として「SED(Surface-conduction Electron-emitter Display)」を中心とするディスプレイ事業を挙げた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)