PR

 トヨタ自動車を最大顧客とする電装機器メーカーで車載用スイッチ大手の東海理化が,半導体工場を新設,生産能力を倍増させる。新工場の稼働によって,半導体の内製比率は現在の約10%から20%に増大する見通しである。半導体とエレクトロニクスの研究・開発・製造の責任者である同社常務取締役の加藤茂氏に,工場新設の狙いを聞いた。(NIKKEI MICRODEVICES5月号から