PR
東芝の新製品「VARDIA RD-XD72D」
東芝の新製品「VARDIA RD-XD72D」
[画像のクリックで拡大表示]
「おすすめサービス」のメッセージが写真付きに
「おすすめサービス」のメッセージが写真付きに
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は,同社のHDD/DVDレコーダの製品群「RDシリーズ」に新しく2機種を加えた上で,同シリーズの新しいブランド名を「VARDIA(ヴァルディア)」とすると発表した。新機種は,HDD容量が600Gバイトの「VARDIA RD-XD92D」と同400Gバイトの「VARDIA RX-XD72D」。2006年5月下旬に発売する。価格はオープンだが,92Dが16万8000円前後,72Dが13万8000円前後を想定しているという。

 新製品の最大の特徴は,2番組を同時にHDDに録画できる「W録(ダブロク)」の機能をデジタル放送のハイビジョン番組にも対応させたこと。地上デジタル,BSデジタル,110度CSデジタルの各放送を受信できるHDTV対応チューナをそれぞれ2組ずつ搭載して実現した。ただし,アナログ・チューナは一つだけであるため,アナログ放送2本のW録はできない。

 そのほかの追加機能は,(1)ネットワーク経由でユーザーに番組を推薦する機能「おすすめサービス」に写真を付ける機能が加わった,(2)家庭内ネットワークの規格「DLNA(digital living network alliance)」のデジタル・メディア・サーバー機能に対応した,(3)DVD-R DL(dual layer)ディスクに関して,著作権保護機能のCPRMに対応し,DVD-VR規格(いわゆるVRモード)での録画が可能になった,(4)DVD-R DLディスクの1層目から2層目への再生しながらの切り替えにも対応した,(5)予約録画した番組中のCMの前後で自動的にチャプタ分割し,番組の本編だけを集めたプレイリストを作成する「おまかせプレイリスト」機能がデジタル放送にも対応した——ことなどがある。