PR
図1 画面が横方向に90度回転する「サイクロイドスタイル」を採用した
図1 画面が横方向に90度回転する「サイクロイドスタイル」を採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 ボーダフォンは,2006年の夏商戦モデルの目玉として,ワンセグ視聴に対応したシャープの第3世代携帯電話機「Vodafone 905SH」を5月27日に発売する。ワンセグの連続視聴時間(イヤホン使用時)は約4時間で,業界最長という。2.6型のモバイルASV液晶を搭載し,携帯電話機では初めて「AQUOS」のブランドを冠した。

 シャープはワンセグ端末では後発であるだけに,今までにない新機能を採り入れた。まず,ワンセグでは初めて外部メモリに録画できる機能を搭載した。従来機種は内部メモリへの録画のみ対応していた。容量512MバイトのminiSDメモリカードであれば,約2時間40分の録画が可能である。

 このほか,ワンセグ視聴時に電子メールを送受信したり音声発着信ができる「マルチタスク」機能を加えた。ワンセグの映像を上部に表示させながら下部でメールの読み書きを行う,テレビ番組を見ながら音声で通話する,といった使い方が可能になる。

 通信方式はW-CDMA方式だが,通話できるのは日本国内のみ。外形寸法は折り畳み時で約49mm×105mm×27mm。重さは約140gである。カメラ・モジュールは有効画素数202万画素のCCDカメラと,同11万画素のCMOSカメラを搭載する。地上アナログテレビ放送やFMラジオ放送も受信できる。