PR
図1◎「Ultem WH217」で造ったバーコードラベル
図1◎「Ultem WH217」で造ったバーコードラベル
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎WH217の使用例
図2◎WH217の使用例
[画像のクリックで拡大表示]

 米General Electric社のPlastics部門は,ポリエーテルイミド(PEI)フィルム「Ultem」の白色タイプ「同 WH217」をバーコードラベル向けに開発した。着色によって基材が透けないようにしており,印刷鮮明度が98%と高いため,バーコードを正確に読み取れる。従来は,不透明にするために表面をコーティングしていたが,WH217ではその工程が不要になる。

 WH217はハロゲン化添加剤を含まず,「UL94VTM-0」に適合する難燃性を持つ。これは,ポリエチレン・ナフタレート(PEN)フィルムやフッ化ビニル樹脂フィルムよりも高いレベルだ。さらに,フッ化ビニル樹脂フィルムと比べて寸法安定性が高い。RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)指令にも準拠しているため,電子機器への利用に向く。

 そのほか,引っかき強度が高いため,加工中にラベルが損傷しにくい。加えて耐熱性も高いため,プリント基板など厳しい環境下で使う製品にも使える。厚みが一定なため,ラベル接着剤や特殊インクの印刷に必要な透明塗料を均一に塗布しやすい。