PR
松下電器産業の「TZ-DCH2000」
松下電器産業の「TZ-DCH2000」
[画像のクリックで拡大表示]

 イッツ・コミュニケーションズは,HDDを搭載したセットトップ・ボックス(STB)を,放送サービスとセットで月額6930円で提供することを決めた。2006年5月20日から受け付けを開始し,同6月1日にサービスを始める。初期費用は1万500円。

 HDD搭載STBは,松下電器産業が2006年3月に発表した「TZ-DCH2000」を採用する(Tech-On!関連記事)。イッツ・コミュニケーションズは,YOUテレビなどとHDD搭載STBを「Hit Pot」と名付けて普及を目指している(Tech-On!関連記事)。これに約60チャンネルが見られる放送サービス「iTSCOM TV ビッグ」をセットにして「ビック+Hit Pot」として提供する。ビッグは月額3885円のため,HDD搭載STBの事実上のレンタル料は3045円となる(Tech-On!関連記事)

 イッツ・コミュニケーションズとともにHi Potと名付けたYOUテレビは,同じく放送サービスとHDD搭載STBをセットにした「Hit Potデラックスコース」として,月額6090円で提供する予定である。