PR

 カシオ計算機は,ランナーに向けてGPS受信機能を備える小型・軽量の腕時計型速度計「GPR-100」を発表した。小型・軽量にするため,ウエハー・レベル・パッケージ(WLP)に封止した半導体を埋め込む基板技術「EWLP(embedded wafer level package)」を採用した。EWLPを実用化したのは,今回の製品が初めてとする。EWLPに封止したのは,時計用ICと電源回路である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い