PR

ロームは,SiC利用のMOSFETやショットキ・バリア・ダイオードといったSiCデバイスを用いたインバータ回路およびスイッチング電源回路を試作し,モーター駆動や磁気浮上をデモンストレーションした。同社はSiCを用いた素子をこれまでも展示会に出展してきたが,電源回路に組み込んで良好に動作することを見せたのは今回が初めてである。現在はSiCデバイスをサンプル出荷中であり,量産の準備を進めている段階とする。MOSFETは電圧を印加していない時にオフ状態の,いわゆる「ノーマリー・オフ」の品種である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る