PR

エプソントヨコムは水晶振動子を使って試作した1軸の加速度センサを2006年10月3日から始まったCEATEC JAPAN 2006の会場で展示している。振動周波数が外部からの加速度で乱れる度合いを検知する方式。パンチング・ボールの上に貼り付けられた形で展示されており,ボールに加わる加速度が目標値にどれくらい近いかを競うゲーム仕立てになっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料