PR

 プロセスのバラつきが大きくても狙った歩留まりで高速チップを設計できる手法を富士通のサーバシステム事業本部が確立した。2006年初めからサーバー向けプロセサ・チップの開発にこの手法を適用している。手法のベースは,統計的タイミング・アナライザ(SSTA:statistical static timing analyzer)である。実用技術としては開発途上のSSTAに複数の工夫を施して,製品設計で使えるようにしている。例えばSSTAの解析結果を,すぐに設計改善に役立てるようにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る