PR

 LSI設計者の技能レベルを点数で評価する検定試験制度。これまでは実績が少なかったこともあり,点数で実力が分かるのか疑問視する声が多かった。しかし,ここへ来てユーザーによる具体的な成果が見え始めた。例えば,2004年度からRTL(register transfer level)設計者の受験を義務付けた沖グループは,現場で一人前に設計ができる中上級者の比率を,当初の52%から73%に増やすことができた。「通常の業務では偏ってしまいがちな設計知識を,検定試験を通じて広範囲に教育できた」と沖電気工業シリコンソリューションカンパニー 共通技術本部 設計システム部 部長の山本一郎氏は言う。また,人材派遣会社のパソナエンジニアリングは,派遣する技術者の水準を試験で定量化することによって,派遣先企業での人材ミスマッチの問題を防げることを示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)