PR

 Cuに比べて最大電流密度を1000倍に高められるカーボン・ナノチューブ配線。遠い将来の話と思われていたこの技術が,ここへ来て現実味を帯びてきた。直径40nmのビア・ホールにナノチューブを埋め込む技術や,ビア抵抗をWプラグ並みに下げる技術が相次ぎ開発されたためである。300mmウエーハ全面に高い均一性で形成することも可能になってきている。この分野で先行する富士通研究所と富士通は,32nm世代での実用化を目指し,カーボン・ナノチューブ配線の開発を加速させている。まずは上下の配線層をつなぐビアからカーボン・ナノチューブを導入し,22nm世代では横方向の配線にも使っていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料