PR

 大日本スクリーン製造(DNS)と米Applied Materials, Inc.(AMAT)が塗布・現像装置事業で手を組んだ。この7月には共同出資会社「SOKUDO」を発足させ,シェア首位の東京エレクトロンの牙城に挑む。AMATとの提携により,DNS単独では伸ばせなかった同事業を立て直すことができるのか。DNS常務執行役員でSOKUDO副社長に就任した山野章氏に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料