PR

 日立製作所は,同社が発売する法人向けノート・パソコン1万6000台に付属するLiイオン2次電池を自主交換すると発表した(ユーザーへのお知らせ)。ソニーの自主交換プログラムの呼びかけに応じての措置である(Tech-On!関連記事1)。

 同社は以前,米Dell社と米Apple社がソニー製Liイオン2次電池の自主回収を始めた際,「日立製作所のノート・パソコンは該当する電池セルを使用していない」と表明していた(Tech-On!関連記事2)。今回,同社が自主交換に踏み切ったのは,ソニーが交換対象となる電池セルの範囲を当時よりも広げたため。該当するノート・パソコンは2005年10月~2006年9月に出荷したものである。