PR
[画像のクリックで拡大表示]
製品仕様の概要とブロック図。(図:NXP Semiconductors社)
製品仕様の概要とブロック図。(図:NXP Semiconductors社)
[画像のクリックで拡大表示]

 オランダNXP Semiconductors社は,移動体に向けた無線通信規格「モバイルWiMAX」に向けたRFトランシーバICの量産出荷を始めたと発表した。北米やオーストラリア市場に向けて2.3G~2.4GHzの無線周波数に対応する「UXF23480」と,台湾/日本/北米/欧州市場に向けて2.5G~2.7GHzの無線周波数に対応した「UXF23460」がある(発表資料日本語の発表資料)。

 NXP Semiconductors社は,製品の特徴として低消費電力である点を挙げる。消費電流は受信時が133mA,送信時が145mAになるという。電源電圧は2.8Vである。SiGeバイポーラCMOS技術で製造する。48端子のパッケージに封止し,寸法は7mm×7mm×0.85mmである( NXP Semiconductors社の製品紹介のページ)。