PR

 ミツミ電機は,車載機器などによる地上デジタル・テレビ放送(ISDB-T)の移動受信や携帯端末での受信に向け,1セグ放送受信用フロントエンド・モジュール「DVT7-J03D」を発売した(発表資料)。すでに量産している固定受信用に加えて開発したもの。
 入力インピーダンスは50Ω,最大入力レベルは標準で+10dBm,最小受信感度は標準で-96dBm。携帯電話送信波抑制フィルタを内蔵し,妨害耐性を高めたという。制御インタフェースはI2Cバス。OFDM復調ICを搭載している。電源電圧は2.85V,1.2Vで,消費電力は145mW。さらに電力消費の少ないタイプもラインナップする。外形寸法は14.3mm×14.3mm×1.6mm。
 すでに単価3000円でサンプル出荷中。2006年11月から,月産5万個で量産を開始する予定。生産は,中国の天津三美電機有限公司で行う。