PR

 日本製の装置・部材が,韓国や中国,台湾でコピーされる問題が深刻化している。ある日本の装置メーカーでは,ユーザーに渡した極秘資料がいつの間にか模倣企業の手に渡り,瓜二つの装置を作られてしまった。特許侵害で訴えたものの,訴訟の中で逆に特許を無効化されたという。このような模倣の問題は,その多くが明るみに出ていない。模倣されていることを知りながら,ユーザーとのトラブルを避けて見て見ぬふりをする装置メーカーが多いためである。企業は自社の技術を守るためにどうすべきか。知財戦略,模倣されにくい開発手法の両面でその対策を議論する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)