PR

 深刻化する装置・部材の模倣や特許侵害に対し,多くの装置・部材メーカーが自己防衛のための取り組みを強化し始めた。例えば,知財戦略の強化に加え,特殊な技能を持たなければ作れない部品の比率を増やすといった,真似されにくい製品を目指す取り組みが始まっている。その一方で,模倣された製品からは早々に手を引き,次の技術開発に注力することで高収益を上げる企業もある。徹底的な低コスト化によって模倣企業を圧倒する戦略を採るところも出て来た。自己防衛に積極的な企業は,こうした取り組みによって被害を最小化している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)