PR

 OKKは,剛性を高めて重切削を可能とした主軸テーパ50番の5軸立型マシニングセンタ(MC)「VG5000」を第23回日本国際工作機械見本市「JIMTOF2006」に出展した。テーブル作業面の大きさは500×500mmで「同クラスのMCでは主軸テーパ40番を搭載する」(会場の説明員)のが一般的だが,さらに高効率加工を望む声が多くなってきた。このニーズに応えるためテーブルの大きさや各軸の移動量は主軸テーパ40番ながら,主軸テーパ50番にしたVG5000を開発,発売した。価格は5850万円。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)