PR

組み込みソフトウエア開発を手掛けるヴィッツと名古屋大学大学院情報科学研究科附属 組込みシステム研究センター(NCES)は,トヨタ自動車やアイシン精機などと協力して,機能安全規格「IEC 61508」対応の自動車向けソフトウエア・プラットフォームの開発に着手したと発表した。今後3年間で開発し,同規格の模擬認証を取得した上で,その取得過程を記録した文書や開発したソフトウエアそのものを,組み込み関連団体のTOPPERSプロジェクトから公開する。「OSなどの開発を通して,日本の自動車部品メーカーや産業機器メーカーが機能安全規格を取得する際の参考になるよう,ノウハウを積み上げていきたい」(NCESのセンター長の高田広章氏)。  現在,自動車の電子制御ユニット(ECU)向けソフトウエアでは,タスクの動作を監視したり,メモリーの内容をチェックしたりするといった安全性確保の仕組みが実装されている。しかし,その多くは各社が独自にアプリケーション・ソフトウエアに実装したもので,「一部の機能はアプリケーション・ソフトウエア間で重複する部分もある」(名大の高田氏)。今回のソフトウエア・プラットフォームでは,こうした安全を確保する機能の一部をリアルタイムOS上に実装し,アプリケーション・ソフトウエアから利用できるようにする計画である。μITRON4.0準拠のオープンソースのOSである「TOPPERS/JSPカーネル」の改良版「TOPPERS/ASP(Advanced Standard Profile)カーネル」を基に,これらの機能を実装する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)